ORゲート

<【前回】CMOSとNOTゲート

ORゲート

ORゲートは2つの入力端子を持ち、いずれかの入力が1つでもHのとき、Hを出力する(論理和)。

回路図

上の回路図において、Aは入力1、Bは入力2、Qは出力である。

例(A = H, B = Lのとき)

上図のオレンジの線がHの領域である。入力A, BのうちAがHなので、出力QがHになっていることがわかる。

真理値表

入力1(A)入力2(B)出力(Q)
LLL
LHH
HLH
HHH

回路記号

ANDゲート【次回】>

神経科学を研究している博士学生。Python, Rust, C/C++, C#, Julia, Common Lisp, Unityを活用して、世界の様々な現象をシミュレート・分析しています。理系分野だけでなく、政治学や社会学も、もちろん分析対象です。

1 Comment

  1. […] <【前回】ORゲート […]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です