Rustのバージョンを変更する方法

Rust
スポンサーリンク

概要

現在利用されているRustのバージョンを調べ、異なるバージョンのRustをインストールして利用する方法について解説する。

この記事を読むことで、チームメイトや技術書の著者とRustのバージョンを合わせたり、ツールが正常に動作するようにRustのバージョンを切り替えたりすることができるようになる

現在のバージョンを調べる

C:\hogehoge>rustc -V
rustc 1.69.0 (84c898d65 2023-04-16)

上記のコマンドで、現在のRustのバージョンが調べられる。

出力から、 現在のバージョンが1.69であることがわかる。

欲しいバージョンのRustをインストール

C:\hogehoge>rustup toolchain add 1.68

上記のコマンドにより、バージョン1.68Rust toolchainをインストールできる。

インストールされたことを確認

C:\hogehoge>rustup toolchain list
stable-x86_64-pc-windows-msvc (default)
nightly-2020-01-02-x86_64-pc-windows-msvc
nightly-x86_64-pc-windows-msvc
1.68-x86_64-pc-windows-msvc

上記のコマンドで、インストールされているtoolchainの一覧を取得できる。

出力の一番下の行に、バージョン1.68のtoolchainがインストールされたことが表示されている。

default toolchainの切り替え

C:\hogehoge>rustup toolchain list
stable-x86_64-pc-windows-msvc (default)
nightly-2020-01-02-x86_64-pc-windows-msvc
nightly-x86_64-pc-windows-msvc
1.68-x86_64-pc-windows-msvc

先程の出力の一番上の行を見ると、末尾に(default)の表示がある。

これは現在、

  1. stable
  2. nightly-2020
  3. nightly-x86
  4. 1.68

の4種類のtoolchainがインストールされているが、開発に使用しているのは「stable(今回はバージョン1.69に相当)」であることを示している。

よって、インストールしたバージョン1.68を使用するためには、この(default)を変更する必要がある。

C:\hogehoge>rustup default 1.68-x86_64-pc-windows-msvc

上記のコマンドにより、(default)を1.68に変更することができ、

C:\hogehoge>rustup toolchain list
stable-x86_64-pc-windows-msvc
nightly-2020-01-02-x86_64-pc-windows-msvc
nightly-x86_64-pc-windows-msvc
1.68-x86_64-pc-windows-msvc (default)

のように、表示が切り替わる。

また、最初のコマンドで直接Rustのバージョンを確認しても、バージョン変更が完了していることがわかる。

C:\hogehoge>rustc -V
rustc 1.68.2 (9eb3afe9e 2023-03-27)

(必要なら)開発ターゲットやツールをインストール

Rustのバージョンを新規にインストールした場合、それに対応する開発ターゲットツールは、何もインストールされていない空っぽの状態である。

そのため、必要であればそれらをインストールする。

以下は組込み開発用に、開発ターゲットとしてthumbv6m-none-eabiと、書き込みツールであるelf2uf2-rsをインストールする例である。

C:\hogehoge>rustup target add thumbv6m-none-eabi
C:\hogehoge>cargo install elf2uf2-rs -–locked

参考文献

本記事の内容は、艮電算術研究所が発行する電子書籍

「Rust x Raspberry Pi Picoで実装する IMUからの姿勢情報の取得と応用」

に記載されている。

コメント