オセロ”不”完全解析マシーンβ版 | USHITORA Lab.
スポンサーリンク

オセロ”不”完全解析マシーンβ版

Python

8×8盤オセロは未だ完全解析がなされていないらしい。

そこでなんとなく、自分も解析プログラムを組んでみた。

 

4×4, 6×6, (8×8)盤まで対応可能。

Scale変数に4, 6, 8のいずれかを入力すると解析を開始し、-1(後手勝ち)、0(引き分け)、1(先手勝ち)のいずれかを出力する。これらは、互いに最善手を指した時の結果を意味する。6×6, 8×8の時には解析試行10000回ごとに分岐木を出力します。

肝心の性能はというと…

4×4: 一瞬で分析終了(後手勝ち)

6×6: とても時間がかかる(結果は見ていない)

8×8: 試してすらいない(ので、終了条件も書いていない)

の有様。

「対称性により、初手は1種類しか調べない」「自分の手番に何指しても勝てる状況なら、任意の1手以外は調べない」というアイデアにより、分析必要手順を減らすことができた点は良かったので、恥ずかしい出来ですが投稿します。

コメント