野球シミュレータβ版

野球選手9人のデータをテキストファイルとして用意すると、自動で任意の回数の試合を行って、取った点数を記録してくれるプログラムを作成しました。

使用言語はHSP (Hot Soup Processor) です。

ソースコード (.hspファイル) と同じディレクトリに「data」フォルダを作成し、その中に「1.txt」~「9.txt」(数字は打順に対応)のテキストファイルとして野球選手のデータを入力することで、自動で模擬試合を行います。

テキストファイルの各行の内容は以下の通りです。

  1. 単打(安打-二塁打-三塁打-本塁打)
  2. 二塁打
  3. 三塁打
  4. 本塁打
  5. 盗塁
  6. 盗塁刺
  7. 犠打
  8. 犠飛
  9. 四球
  10. 死球
  11. 三振
  12. 併殺打
  13. 単死(打席数-安打-犠打-犠飛-四球-死球-三振-併殺打)

プロ野球データFreak様(http://baseball-data.com/)等のサイトよりプロ野球選手の成績データを取得し、入力してみてください。

模擬試合はチームの攻撃のみ行い、設定された試合数の終了後、チームの得点を「result.txt」として「data」フォルダ内に返します。

 

※このプログラムを用いて1シーズン(143試合)を行うと、実際の年間チーム得点よりも数十点ほど低くなります。これは模擬試合では選手交代(投手に代打を出す)等の監督采配がないことや、管理人が深夜テンションの数時間でプログラムを書いたことが影響していると思われます。

 

zipファイル

野球シミュレータβ版

 

「data」の中身は2016年広島カープの選手成績より作成したものです。

1番:田中 広輔、2番:菊池 涼介、3番:丸 佳浩、4番:新井 貴浩、5番:エルドレッド、6番:鈴木 誠也、7番:安部 友裕、8番:石原 慶幸、9番:ジョンソン

神経科学を研究している博士学生。Python, Rust, C/C++, C#, Julia, Common Lisp, Unityを活用して、世界の様々な現象をシミュレート・分析しています。理系分野だけでなく、政治学や社会学も、もちろん分析対象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です