Python

スポンサーリンク
プログラミング

Numpyで浮動小数点数の精度・最大値・最小値を取得 0 (0)

概要 この記事では、Numpyで扱える浮動小数点数の精度や最大・最小値の範囲を取得する方法について説明する。 また、おまけとして、整数型の最大・最小値を取得する方法についても述べる。 numpy.finfo() 関数の概要 Numpyで扱え...
プログラミング

PythonでShapeファイルを読む―GeoPandas, Folium 0 (0)

概要 地理空間情報を記録したShapeファイル.shpを開くためには、通常ArcGISやQGISなどの専用ソフトウェアが必要となる。 ここでは、それらのソフトウェアを使わずに、Shapeファイルの内容を確認する方法について説明する。 また、...
自然科学

超幾何分布に基づく集合の類似度指標 0 (0)

概要 2集合の類似度を測る指標として、Jaccard係数などの手法が知られている。 しかし、2集合の要素となりうる全要素の数と2集合の要素数が所与の場合には、これらの値に依存して、2集合が共通要素を持つ確率が大きく変動する。 この変動を補正...
スポンサーリンク
自然科学

超幾何分布の効率的数値計算法 0 (0)

概要 超幾何分布の確率質量関数は $$P(x|N,K,n)=\frac{\binom{K}{x}\binom{N-K}{n-x}}{\binom{N}{n}}$$ であり、これをすべての \(x\) について計算することによって累積分布関数...
自然科学

複素確率変数の性質 0 (0)

概要 複素確率変数はその名の通り、複素数の形態をとる確率変数のことである。 複素数が \(z=a+ib\) の形で表されることを考慮すれば、複素確率変数は実数の確率変数の組 \((a, b)\) として考えることができ、多次元確率変数の知見...
プログラミング

Matplotlibによる3Dプロット(簡単に) 0 (0)

概要 以前 等でMatplotlibを用いた3次元プロットについて述べたが、詳しい理屈は置いておいて、とりあえず図が書きたいという読者のために簡略版記事を作成した。 もっと複雑なことがしたい場合は、末尾に参考リンクを載せておいたのでそちら...
自然科学

有界な分布(一様分布)を用いたEMアルゴリズム 0 (0)

導入 以前 にて、 EMアルゴリズムを適用するに際し、一様分布のような明確な境界を持つ分布を使用すると、少し特殊な配慮が必要になる と述べた。 本記事では、実践を通して、こうした有界な分布を用いたEMアルゴリズムがどのように失敗するか...
自然科学

一般のEMアルゴリズムの理論と実践 0 (0)

概要 EMアルゴリズムを混合正規分布に適用した際の計算方法については、例えば以下の記事で紹介されている。 しかし、一般の場合(正規分布以外の混合分布)についてのEMアルゴリズムの実践例は、あまり紹介されていない。この記事では、混合正規分布...
自然科学

一様分布の最尤推定 0 (0)

公式 一様分布 \(U(x|a,b)\) のパラメータについて、データ \(X=\{x_1,x_2,\ldots,x_N\}\) を用いて最尤推定を行ったとき $$a=\min(X), b=\max(X)$$ となる。ここで、 \(\min...
プログラミング

Matplotlibでアニメーションを作る: FuncAnimation の使い方 0 (0)

概要 PythonとMatplotlibを使って、プロット内容が少しずつ変わっていく様子を動画として保存する方法についてまとめる。 今回は、2種類の気体分子が半径1の円の中で運動する様子の描画を例として用いた。 成果物 こんなのができる。...
スポンサーリンク