フーリエ級数の定義と性質

フーリエ級数は、複雑な周期関数や周期信号を単純なサイン波とコサイン波の和として表す手法である。当初は金属板の熱伝導の研究において導入されたが、現在では電気工学や量子力学など、周期的な量を扱う分野において広く利用されている。 ようは複雑で正体不明な周期関数を、単純なサイン波とコサイン波に分解し、分解した単純な波の解を求めることで、もともとの関数の性質を見ようという考え方である。そして、この波の重ね合わせのことをフーリエ級数という。 前提 区間([-a,a])で関数(f(x))が、 偶関数ならば、(int_{-a}^a...
2019年1月7日0 DownloadsDownload