シーザー暗号解読器

シーザー暗号とは、平文の各文字をアルファベット表で数文字分シフトして作成した暗号のことである。

例)LAB → ODE (3文字シフト)

古代ローマの軍事的指導者ガイウス・ユリウス・カエサル(英語読みでシーザー)が使用したことからこの名がついた。

今回作成したプログラムはこの暗号文を解読するためのものであり、0~25文字シフトした結果をすべて表示する。そのため、表示された26種類の候補の中から正解と思われるものを確認してほしい。

 

プログラムを使用するためには、作業用フォルダにcaesar.pyを設置した後、コマンドプロンプトより起動する(カレントディレクトリを作業用フォルダに指定することをお忘れなく)。

神経科学を研究している博士学生。Python, Rust, C/C++, C#, Julia, Common Lisp, Unityを活用して、世界の様々な現象をシミュレート・分析しています。理系分野だけでなく、政治学や社会学も、もちろん分析対象です。

1 Comment

  1. […] シーザー暗号解読器の改良版として、Pickleのファイルとして配布した単語リストを用いた自動解読プログラムを作成した。 […]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です